遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消しについて

今回は、遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消しについての判決がされたようですので、その件についてお話し致します。 

平成22年7月6日付最高裁判決において、年金の各支給額のうち相続税の課税対象となった部分については、所得税法9条1項15号(現行16号)により所得税の課税対象とならないものというべきであると判示されたとのことです。

 

詳しくは下記ホームページをご参照ください。

国税庁のホームページはこちら

社団法人生命保険協会のホームページはこちら